画像:PCB廃棄物の問題、私達にお任せください!
 

PCB解体、PCB仕分け、PCB コスト削減の事なら株式会社福井 PCB事業部

PCB廃棄物について

PCBとは

PCBについて
PCBはPoly Chlorinated Biphenyl(ポリ塩化ビフェニル)の略称で、ポリ塩化ビフェニル化合物の総称であり、その分子に保有する塩素の数やその位置の違いにより理論的に209種類の異性体が存在し、なかでも、コプラナーPCB(コプラナーとは、共平面状構造の意味)と呼ばれるものは毒性が極めて強くダイオキシン類として総称されるものの一つとされています。
一方、溶けにくく、沸点が高い、熱で分解しにくい、不燃性、電気絶縁性が高いなど、化学的にも安定な性質を有することから、電気機器の絶縁油、熱交換器の熱媒体、ノンカーボン紙など様々な用途で利用されました。
 


PCBの毒性について
脂肪に溶けやすいという性質から、慢性的な摂取により体内に徐々に蓄積し、様々な症状を引き起こすことが報告されています。
PCBが大きくとりあげられる契機となった事件として、カネミ油症事件があります。この事件は、米ぬか油(ライスオイル)中に、脱臭工程の熱媒体として用いられたPCB等が混入したことが原因で、昭和43年10月、西日本を中心に広域にわたって、米ぬか油による食中毒が発生しました。当時の患者数は約1万3千名に上ったと言われています。
一般にPCBによる中毒症状として、目やに、爪や口腔粘膜の色素沈着などから始まり、ついで、座瘡様皮疹(塩素ニキビ)、爪の変形、まぶたや関節のはれなどが報告されています。
 

PCBとダイオキシンについて
ダイオキシン類の主な発生源は、ごみ焼却などの燃焼によって発生することが一般に知られていますが、その他製鋼用電気炉、たばこの煙、自動車の排気ガスなど様々な発生源があり、いずれも意図的に製造したものではなく、非意図的に生成されたといえます。 一方、コプラナーPCBが環境中に存在している要因としては、ごみ焼却によって発生することが判明しているほか、トランス、コンデンサ等の紛失・不明による機器内に含有していたPCBの流出が指摘されています。

PCBの用途

PCB は電気機器用の絶縁油、各種工業における加熱並びに冷却用の熱媒体及び感圧複写紙など、以下のとお り様々な用途に利用されていました。現在は新たな製造が禁止されています。

 
画像:PCBの用途

高濃度PCB廃棄物

PCBが使用された代表的な電気機器には、高圧トランスや高圧コンデンサ、安定器があります。トランス(変 圧器)とは、ある交流の電圧をそれより高いか、又は低い電圧に変える装置であり、コンデンサ(蓄電器)とは、 電気を一時的に蓄える、電圧を調整する、位相を変化させる、といった効果を持つ装置です。 

画像:高圧トランス PCB廃棄物
高圧トランス
トランス内はPCBとトリクロロベンゼンの混 合液(重量比 3: 2)で満たされています。例えば、 50kVA の場合で約 115kg のPCBが入っています。
画像:高圧コンデンサ PCB廃棄物

高圧コンデンサ
コンデンサ内はPCBで満たされています。例えば、100kVAの場合で約35kgのPCBが入っています。

画像:安定器 PCB廃棄物

 
安定器
コンデンサを内蔵する業務用・施設用蛍光灯器具の安定器のコンデンサ内の巻紙のすき間に数十g程度のPCB油が含浸されているものがあります。

PCB廃棄物は定められた期限までに処理をしなければなりません。
万が一、期限を過ぎた場合、刑事罰の罰則が科せられます。
また近年、処理数の増加に伴い、処理費用が著しく増加しています。
ですので、一日も早いPCB廃棄物の処理を環境省は推進しています。
画像:PCB廃棄物の期限処理に向けて PDFリンク

PCB廃棄物の期限処理に向けて PDF